トレチノインの効果について教えて!〜美肌効果と使用リスク〜


シミやしわ、ニキビやその跡など肌についての悩みは非常に多いです。
市販のスキンケアでは対処するのが難しく、メイクで隠すのも限界で困っている方は少なくありません。
そういった肌トラブルを改善し、美肌に導くことができるのがトレチノインです。

 

美肌になれるトレチノインとは


トレチノインはビタミンA誘導体の一種であり、肌のターンオーバーを促すためシミやしわといった肌の問題をなくし、美しく生まれ変わらせる効果があります。
そもそも人の体内にも微量ながら流れているものなので、アレルギー反応の心配をする必要がないのが特徴です。
非常に高い効果があるため海外でもポピュラーな治療法ではあるものの、基本的にはドラッグストアなどでは販売されておらず、医療機関で処方してもらって医師の指導の下で使用するのが一般的です。

 

肌を若返らせる効果の理由


今まで様々なスキンケア用品を試してきた方なら、本当に美肌になれるのか疑ってしまう方もいるでしょう。
しかし、トレチノインはそういった一般的な基礎化粧品とは違い医薬品なので効果も段違いです。

 

ターンオーバーは肌本来の働きですが、乱れてしまうとシミやしわの原因となります。
促すことで古い角質を取り除き、肌全体を生まれ変わらせることが美肌になれる理由です。元々ビタミンAにはそういった作用がありますが、誘導体となることでさらに浸透力が高まっています。

 

ハイドロキノンとの違い


肌にいいクリームとしてよく名前が挙がるのがハイドロキノンですが、トレチノインとどういった違いがあるのか分からないという方も多いでしょう。実は全く効果が違うんです。
ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあり、美肌に効果的です。
そのためターンオーバーを促す作用はないことに注意しましょう。
シミに困っている人はどちらを使えばいいの、と悩む必要はありません。2つを同時に使うことでその効果がより高まるのです。
>>ハイドロキノンクリームランキングからMYハイドロキノンクリームを選ぶ

副作用に要注意、かえって悪化することも

肌の悩みを色々解決できるなんて、まるで夢のようなクリームなので沢山使いたいと考える方もいるでしょう。
アレルギー反応は起こらないといっても、効果が非常に強いため使い方を間違えるとかえってトラブルが増えてしまうので注意が必要です。
ターンオーバーを促すということは、未熟な肌がさらされてしまうことに繋がります。
そのため赤みやかゆみ、炎症、乾燥といった副作用が起こる可能性があります。

 

正しい使い方で美肌を目指す!


副作用があるといっても、それはターンオーバーが促されて肌が生まれ変わっている証拠でもあり、きちんと保湿すれば問題ありません。
洗顔の後まずは化粧水をたっぷり使って肌を潤し、その上からシミ部分にトレチノイン、乾いてからハイドロキノンの順で塗ります。
日焼け止めも忘れないようにしましょう。
副作用が強い場合は使用を中止し、医師に相談することが大切です。
ビタミンAなので当然ですが、妊娠中、授乳中の方が使用すると赤ちゃんに影響が出るため、使ってはいけません。

 

正しい使い方で美肌質に変えていく

扱い方さえ間違えなければ、トレチノインは肌にコンプレックスがある方にとって強い味方になります。
シミやしわ、ニキビ、肌の老化に悩んでいるなら、一度トレチノインを試してみるといいでしょう。生まれ変わった美肌を実感できます。