ハイドロキノンの効果まとめ〜『肌の漂白剤』の異名は伊達じゃない〜


シミやそばかすなど、肌に気になる色素の悩みがある人は、高価な美白美容液やクリームなどを使ってもなかなか効果を実感しにくい傾向があります。
肌の漂白剤と言われているハイドロキノンは、即効性があるので美白効果を実感したい人に人気です。

気になるシミやそばかすの対処法


顔に気になるシミがあったり、そばかすが多かったりして悩んでいるひとは、高価な美白美容液を使ったり、ファンデーションやコンシーラーで隠すことが一般的な対処法です。
美白美容液は、できてから日が浅い色素の悩みには効果を実感する場合がありますが、長年悩んでいるシミやそばかすの場合には、効果を実感しにくい傾向があります。
また、思い切って、美容皮膚科で、レーザー治療を受けたりする人もいます。

 

肌の漂白剤といわれるハイドロキノン


ハイドロキノンは、天然成分で、いちごや麦芽、コーヒーなどに含まれており、還元作用があるため、写真の現像やゴムの酸化防止剤として使用されていました。
酸化を抑える還元作用は、体の細胞が酸化してさび付くことを防ぐ作用のことで、人間の老化も酸化することが原因のひとつと言われています。
ハイドロキノンは、アメリカではよく使用されている美容成分ですが、日本では医師の診察を受けて処方されることにより使用できる成分でしたが、規制が緩和されて化粧品にも使用することができるようになり、肌の漂白剤として人気が高まってきています
>>ハイドロキノンクリームランキングをチェックする

ハイドロキノンのはたらき

シミを薄くする効果があると言われているハイドロキノンは、シミの原因になるメラニンを生成する酵素の働きを阻害したり、メラニン色素を生成する色素細胞を減少させることが期待できる成分です。
シミを予防するだけではなく、すでにできているシミにも効果を実感できる人が多く、還元作用によってメラニンを薄くする働きがあるため、気になるシミを薄くすることが期待でき、肌の漂白剤と言われているのです。

 

ハイドロキノンで薄くなるシミの種類

ハイドロキノンは、日焼けなど肌が炎症を起こした後の色素沈着や肝斑、そばかすなど皮膚の表面にできたシミです。
肝斑は、薄くなる場合もありますが、原因によっては効果を実感できないこともあります。
そばかすは紫外線や老化と異なり、遺伝的な要因によって引き起こされている場合が多いので、きれいになくなるわけではありませんが、紫外線の影響で濃くなる性質があるので、年々濃くなっているそばかすの場合は薄くなることが期待できます。

 

ハイドロキノンの使い方


シミに即効性があると言われているハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われているので付けてすぐに悩みが解消されるイメージがあるかもしれませんが、数回塗っただけでシミが無くなることはありません。
使い始めてから、早い場合でも2〜3週間一般的には2か月程度の期間、毎日就寝前のスキンケアの時に使い続けることが大切です。
人によっては肌が赤くなったり皮がむけたりすることもあるので、3か月を目処に肌を休ませることも必要です。

 

ハイドロキノンがおすすめの人

気になるシミやそばかすが出てくる30代以降の人には、ハイドロキノンを使うことがおすすめです。
シミが小さく、色が薄いうちに使うことで、効果を実感しやすくなります。
また、紫外線や老化のために、年々シミが濃くなっている人にもおすすめです。