ルミキシルの効果〜ハイドロキノンの17倍の美白効果があるって本当?〜


市販されている美白化粧品では予防効果があってもシミを薄くしたり消したりするのは難しいと言われています。
より美白効果が高いルミキシルやハイドロキノンなどを使うことで、レーザーなど受けなくても自宅でケアを行うことができます。

 

市販の美白化粧品はあくまでシミの予防


市販されている化粧品でも、シミに対応できるというイメージを持たれている方も多いかも知れませんが、実際には予防をすることはできても、出来てしまっているしみやそばかすには対応できないことがほとんどです。
それは含まれている成分の濃度などにも関係しています。
ハイドロキノンやルミキシルが含まれていても、市販の化粧品は濃度が低いということもあり、薄くしたりするところまでは望めないことが多いのです。

 

より効果が高いのはルミキシル

美白成分として注目されているものは、2つあります。
まずはハイドロキノン、そしてもう一つがルミキシルというものです。
どちらも漂白作用もあるのですが、ルミキシルの方がその効果が17倍と言われています。
また、低濃度でも効果が得られるのと同時に、天然のアミノ酸からできているということもありますので、お肌への刺激が少ないということでも利用しやすいというメリットがあります。敏感肌の方にも安心です。

 

ハイドロキノンはトレチノインと併用

ハイドロキノンの場合には、トレチノインというターンオーバーに働きかけていくものと併用して使うことが多いのですが、表皮のターンオーバーを促し、皮剥けや炎症が起こしながら美白をおこなっていきます
ですから、どうしても皮剥けが気になってしまうという方も多いようです。
皮剥けるというのは、ターンオーバーから起きていることですので、炎症などとは異なり使用を中止する必要もないのですが、見た目的にデメリットを感じる方も多いようです。

 

ルミキシルはお肌を傷めずに使える


ハイドロキノンの場合には、トレチノインと併用しながら使うことが多いので、どうしても皮剥けが気になったりしてしまいますが、ルミキシルはルミキシルグリコピールというピーリング剤で表面の角質だけ剥がしながら美白を進めていくものですので、あまり肌を傷めずに使うということがメリットとして挙げられます。
ちなみに、洗顔後、化粧水などを付ける前に使うというのがルミキシルの使い方のポイントとして挙げられます。

 

長期使用しても大丈夫なルミキシル

ハイドロキノンの場合、薬の成分が強いということもあり、連続して3か月以上使わない方が良いということも言われています。
しかし、ルミキシルの方はそういった制限なども特にありませんので、長期間にわたって使い続けていくことができます。
シミを予防しながら、今できてしまっているしみにも対応できるということで、透明感もありくすみのないシミもないお肌を目指せるというメリットがあります。

 

紫外線の影響も受けにくいので安心

紫外線の影響も受けづらいルミキシルは、夏場などでも使っていくことができますので、お肌にもとても安心ですし、美白ケアにも向いています。ビタミンC誘導体などの化粧品と併用していくと、さらに効果も挙がっていきます。
▼人気記事
>>ハイドロキノンクリームランキング*濃度別で選べるランキングをチェックする