効果が高いだけに知っておきたい!ハイドロキノンの副作用について


肌の美白材として脚光を浴びているハイドロキノンが気になっている女性は少なくないでしょう。
しかし効果が高いだけに使い方を間違えると取り返しのつかない事態に陥る事も。キチンと知る事で後悔の無いようにしたいものです。

ハイドロキノンってそもそもどんなもの?


ハイドロキノンは写真現像の還元剤などにも使われ、写真現像に関わった人の手が白くなったことから美白効果がある事が判明しました。
海外では古くから化粧品に取り入れられ、女性のシミ対策などに利用されてきました。日本ではかつてハイドロキノンベンジルエーテルという薬品が開発され使用されましたが、副作用で肌が真っ白になる白斑が多発し、トラブルとなったことで厚生省によって規制され、構造が似ているハイドロキノンも同時に規制の対象となっていました。

日本での歴史が浅い理由は?

2001年に薬事法が改正され、ハイドロキノンの規制が緩和されました。この後日本でも化粧品に利用されるようになってきましたが、日本での歴史はまだ浅いと言えるでしょう。
知名度が未だ低く利用方法や危険性についての知識が普及しているとは言えないため、様々なうわさが流れる一因となっているのです。市販されているハイドロキノンが配合されたクリームの含有率は1〜4%となっています。

ハイドロキノンがシミに効くメカニズム

殆どのシミは表皮の一番深い層(基底層)でのメラニン色素の沈着によって起こっています。ここにはメラニンを作るメラノサイトという細胞があり、その中に発生するチロシンという物質がチロシナーゼによって酸化することでメラニンに変化していきます。
ハイドロキノンはメラノサイト自体の活動の活性化を抑制すると共に、チロシナーゼがチロシンに作用することをブロックし、メラニンの生成を抑制する効果を発揮するのです。

使用する前にやっておくべきことは

ハイドロキノンは非常に刺激の強い成分であるため、人によっては副作用で赤みなどの肌トラブルを起こすことがあります。そのため使用に当たっては、必ず事前にパッチテストを行うことをお勧めします。

▼パッチテストのやり方
絆創膏にハイドロキノンを塗り、二の腕など目立たず皮膚の薄い場所に貼り付けます。
24時間ほどそのまま放置し、赤みや炎症などの副作用が起きていなければ大丈夫です。体質的に合わない場合ではピリピリと刺激を感じたりかぶれる副作用が現れることもありますので注意しましょう。

トラブル防止のため使用方法は厳守!

洗顔することによって皮膚に水分が含まれ薬効が浸透しやすくなるため、使用前に丁寧な洗顔を行いましょう。
洗顔後すぐでは浸透しすぎて効果が出すぎる恐れがあるため20分ほど経ってから使用するようにしましょう。
シミが出ていない皮膚に付くとトラブルを引き起こす原因になります。
綿棒などを使ってスポット的にシミの部分だけに付けるように注意しましょう。ハイドロキノンは紫外線を浴びるとシミを濃くする性質があるため、使用後は紫外線対策をキチンとする必要があります。

効果が高い分、副作用の危険も高いのがハイドロキノン

ハイドロキノンは美白には非常に効果的ですが、成分の刺激が強いため副作用も強く出ます。
使い方を間違うと肌トラブルを引き起こし、場合によってはシミがさらに濃くなる恐れもあります。酸化しやすい物質なので保管にも注意しましょう。長期間の使用は避けることをお勧めします。
>>TOPページに戻る