ルミキシルとハイドロキノンの違いは?どっちがわたしに向いてるの?


美白効果があると注目されているハイドロキノンですが、最近ではルミキシルの方が美白効果が高いと愛用している女性が増えているようです。
ハイドロキノンとルミキシルはどのような物なの?効果は?など、詳しく解説していきます。

ハイドロキノンってどんな成分?


美白効果に優れていると言われているハイドロキノン。化粧品の成分としても使用されることが増え、一時期話題にもなりました。
ハイドロキノンとは、イチゴやブルーベリーなどに含まれている成分で、紫外線から皮膚を守る作用を持っています。メラニン合成酵素であるチロシナーゼの阻害剤であり、メラニン色素を生成するメラノサイトに対して細胞毒性があることがわかっています。
簡単に言うと、シミの原因であるメラニン色素を生成させない成分なのです。日本では2%まで配合して良いとされている為、化粧品などにも使われています。

ハイドロキノンの効果とは?

海外では皮膚疾患の治療薬として使用されることが多いハイドロキノンですが、日本では化粧品にも使用されています。基本的に2%までの含有が認められています。
加齢と共に増えてしまうシミやそばかすは、紫外線の影響によってメラニン色素が増殖しシミになってしまうことが多いのですが、ハイドロキノンを使用することによってメラニンを作るメラノサイトの活性を抑制し、メラニン自体を作らないようにしてくれます。その為、シミになる前に予防してくれる作用が期待できるのです。また、一度できてしまったシミを薄くすることも期待できます。
>>ハイドロキノンクリームの濃度別ランキングをチェック

ハイドロキノンは副作用に注意

ハイドロキノンには強い漂白作用があります。化粧品に含まれている物は臨床試験を繰り返して作られているものですから、安全性は高いと言えますが、人によってはかゆみや湿疹が出てしまうことがあるので注意しましょう。
濃度や使用する量が多くなってしまうと刺激性皮膚炎を発症しやすくなります。かゆみや赤くなった時には使用するのを控えましょう。
肌の漂白剤とまで言われるほど美白効果は高いのですが、化学物質のアレルギーを起こす危険性もありますので、敏感肌の人は注意が必要です。パッチテストで問題がないか確認しましょう。

ルミキシルとはどんな成分?


ルミキシルは米国スタンフォード大学の皮膚研究者により開発された成分です。ルミキシルペプチドを配合した美白クリームが有名。
このルミキシルペプチドは天然のアミノ酸からなるタンパク質であるからこそ、肌に優しく安心して使用することができると話題になっています。
ハイドロキノン同様にメラニン色素の抑制作用があるのですが、その効果がなんとハイドロキノンの17倍にもなります。
肌に優しく刺激も少ないのに、効果はハイドロキノンよりも高いことから愛用者が続出しているのです。口コミを中心に広がりを見せている注目の成分です。

ルミキシルの効果とは

ルミキシルは、ハイドロキノンと違い肌への負担が少ないのがメリットと言えるでしょう。
また、長期使用ができないハイドロキノンと比べてルミキシルは長期で使用することが可能です。敏感肌の人にとっては、安心して使用することができると言えるでしょう。
また、肌に低刺激であるだけではなく、美白効果も抜群であることがわかっています。

ルミキシルのメリットとデメリット

ルミキシルのメリットは、肌への負担が少ないことが一番ですが、皮膚のバリア機能を失うことなく使用することが出来る為、紫外線の影響を受けないこともメリットと言えるでしょう。
ハイドロキノンはスキンケア用品というよりも医薬品の分類と考えるとわかりやすいです。
気軽に自宅でケアするのには扱いの難しさがあります。その点、こちらは自宅でも簡単にケアすることができるので取り入れやすいという面があります。
デメリットを挙げるとすると、美白効果の即効性です。短期間で美白できるものではないこと、長期使用が効果的であることから長い目で見た美白を目指すにはこちらの方がおすすめです。

どちらが美白効果が高いの?


基本的にどちらの成分も美白に対して効果が高いことはわかっています。
ただし、ハイドロキノンは約3か月の使用に対して、ルミキシルは長期で使用することができることからもわかるように、即効性があるのはハイドロキノンです。
しかし、副作用として肌荒れを起こしてしまうリスクも高く、保存方法にも注意が必要。
空気に触れてしまうと酸化が始まり、毒性のものに変化しやすい為、扱いにも注意しなければいけません。
どちらも美白効果に対してはほとんど変わらないのですが、メラニンの抑制で見ればルミキシルの方に軍配が上がります。

▼自分の肌と相談してみましょう
敏感肌の人にとっては肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンはあまりおすすめすることができません。
肌荒れを起こしてしまう可能性が高く、人によってはかゆみや湿疹などを伴うことも少なくないからです。敏感肌の人はルミキシルを使用しましょう。