ルミキシルの副作用は?効果が強いということは副作用も…?


いま新美白ケアとして注目されている成分として、ルミキシルがあります。
メラニン抑制効果がハイドロキノンの17倍と言われていて、その効果も高いことで人気なのですが副作用もほぼないということで、使用方法も簡単なんです|´З`●)b

副作用がほとんどないルミキシル


美白効果がある成分としてハイドロキノンは定番でもありますが、ハイドロキノンは続けて使うと肌に良くないということもあり、3か月以上は継続しない方が良いと言われています。
しかし、ルミキシルにおいては長期間の使用をしても問題ないので、長期間使い続けていくことが出来るというのも安心です。
もちろん白斑などができてしまうといった副作用もほとんどなく、使い続けていくことができます。

メラニン抑制効果が高いのはルミキシル

ハイドロキノンも美白効果がある成分なのですが、メラニン抑制効果がその17倍もあるということで新美白ケアとして注目されているのは、ルミキシルです。
それでいて、敏感肌の方でも肌ダメージを受けにくい、副作用がほぼないということもありますし、紫外線の影響も受けにくいので、長期間にわたっても使い続けることが出来、シミを薄くしたり抑制していくことができますのでおすすめです。

白斑などのリスクもないので安心

メラニンを破壊できるような美白成分を使用した時に、破壊された部分が白く抜けてしまうことがあります。
これを白斑と言いますが、ルミキシルにおいてはメラニンを破壊することなく抑制できるので安心して使うことができます。
以前、美白成分のある化粧品を使ったことによる白斑が問題になったこともありましたが、ルミキシルについてはそういった心配をすることなく使えます。

皮剥けなどの心配もなく使える

ハイドロキノンを使用する際には、トレチノインというターンオーバーに働きかける成分のものと併用することが多く、この際皮剥けをするという症状が起こります。
しかし、ルミキシルは表皮の部分だけに対応することになるので、皮剥けなど見た目的なリスクもなく、また白斑になることもない成分ですので、安心して使うことができます。長期間使い続けることができるという点でも優れています。

▼効果の高い美白ケアが自宅でできるのがポイント
エステサロンだけでは十分な美白ケアを行うことはできませんし、レーザーの痛みも気になる方も多いではないでしょうか?
そういった時は、やはり自宅でのセルフケアでより効果が高い成分のものを使ってシミやくすみなどに対応していくことをおすすめします。

ハイドロキノンは紫外線要注意


美白成分としてハイドロキノンはシミを薄くしたり、つかいつづける事で消したりすることもできるのですが、紫外線を浴びる事で毒性の物質に変質してしまうことがあります。そのため、使用方法として紫外線を浴びてしまう前には使わないことが求められます。
また、日常的にも強い数値の日焼け止めを使うということがポイントになってきます。
ルミキシルはその点そういった心配なく使うことができますので安心です(*´ω`*)