トレチノインで皮剥けだらけ!!使用は続行?それともストップ?


トレチノインとハイドロキノンは、皮剥けをしてしまうことがあります。
使い続けていいのか、使用を中止した方がいいのか、迷ってしまうことがあるかもしれませんが基本的には心配いりません。

美白効果が高いハイドロキノン


美白効果がある化粧品はたくさん出ていますが、より効果があると言われているのが漂白効果もあるハイドロキノンです。
この成分が配合されている化粧品もありますが、濃度が低いのでシミを消したり薄くすることはなかなか難しいです。
美容皮膚科で処方してもらえるものは比較的濃度も高く、その分効果も高いと言えます。
しかし、肌が弱い方だと炎症を起こしてしまうこともあるので医師の診察が必要です。

年齢とともにターンオーバーができなくなる


加齢とともに、肌には様々な影響が出ることがあります。たとえば、ターンオーバーがその一つです。
新陳代謝が悪くなると、古い角質や老廃物がはがれおちていくというこのターンオーバーの働きも落ちてしまい、肌がガサガサになったり、化粧水も浸透しにくくなり、しわやシミができやすい肌になってしまいます。
ターンオーバーをよくするための一つとしてトレチノインが効果があります。

トレチノインとハイドロキノンは併用できる


ターンオーバー効果があるトレチノインと、シミを薄くしたり漂白することができるハイドロキノンは、併用して使われることも多いです。
老廃物や古い角質をはがしながら、ハイドロキノンの漂白作用でよりシミを薄くする働きです。
また、トレチノインにはコラーゲンの生成を増やすという効果もありますので、アンチエイジングの方法としてもとても適しています。美容皮膚科などで処方してもらうことができます。
>>ハイドロキノンクリームのランキングを濃度別でチェックする

トレチノインの働きで皮剥けが起こる

ターンオーバーに効果があるトレチノインは、角質がはがれやすくなりますので、使っていると皮剥けが起こることが多いです。見た目でも目立ってしまうことがありますが、古い皮膚ですので痛みなどはありません。
大事な時にこの皮剥けが起きてしまいますと、ファンデーションなども浮いてしまったりひっかかってしまったりして困りますが、肌としては中止する必要は特にありません。新しい皮膚に生まれ変わっている証拠なのです。

皮剥けしても大丈夫だけど炎症は注意

トレチノインの使用によって皮剥けするというのは多く見られる症状なのですが、その部分だけでは特に問題はありませんが、成分によって炎症している場合は医師に相談をしましょう。
自己判断でつかいつづけていますと、悪影響が出てしまうこともあります。
特に敏感肌の方は、パッチテストなどをするほうが安心なので、医師のカウンセリングなどを受けて様子を見ながら使っていくと良いでしょう。

痛みのない方法で美白、エイジングケア

レーザーによってコラーゲンを増やしたり、シミを薄くしたりということもできますが、どうしても痛みが生じてしまうことがあります。
しかし、トレチノインやハイドロキノンは塗り薬ですので痛みがなく快適です|´З`●)